精神障がい者地域包括支援グループ ~安心して生活できるサポートがここにあります。

とむ・そーや役員紹介

 

代 表(FEDSO理事長)

生津 哲也(いきつ・てつや)

准看護師、作業療法士、介護支援専門員。
医療従事者として精神科病院に約20年勤務。精神障がいを患う方を地域において本気で支えるためには、医療者だけで完結していては難しいと肌で感じ、2015年に「とむ・そーや」を設立。理想を具現化するために様々な方々の繋がりを創出している。北九州生まれの北九州育ちであり、この素晴らしい北九州が高齢者や障がい者の方々に理解ある街であるよう、積極的に街づくりに関わっている。

事務局長(FEDSO副理事長)

今別府 隆志(いまべっぷ・たかし)

中小企業診断士(経済産業大臣登録)、経営コンサルタント。
東大卒業後、大手企業の内定を辞退し、地元北九州に骨をうずめることを決意して帰郷。地域のため、人のために生きることの大切さを教えてくれた亡き父の思いを胸に、様々な地域活動に取り組んでいる。日本グレッジ株式会社代表取締役、NPO法人日本ソーシャルスポレク協会共同代表理事、NPO法人北河内をぐっと盛り上げる会理事、北九州経営者フォーラム代表など。趣味は草野球とランニングで、フルマラソン完走11回。水巻町出身。

役 員(FEDSO理事)

井手 一人(いで・かずと)

作成中(近日中に掲載予定)

役 員(FEDSO理事)

榎本 孝史(えのもと・たかし)

作業療法士、精神保健福祉士。
1988年から作業療法士として北九州市内の精神科病院に勤務。「精神医療の開放化」をテーマに、精神科デイケア、グループホーム、福祉ホームの開設、就労支援などを実施してきた。また、障がいの当事者が自ら実践するために立ち上げたNPO活動に賛同・協力するとともに、精神障がい者が地域住民として「当たり前」に社会参加することを支援。現在、精神科病院で取り組まれている地域移行とそれを支える地域包括支援システムの中で、多くの機関と連携を図るためのマネジメント機能を発揮し、障がい者の暮らしやすい街づくりを継続実践している。

役 員(FEDSO理事)

西村 健司(にしむら・けんじ)

作成中(近日中に掲載予定)

役 員(FEDSO理事)

原田 昌樹(はらだ・まさき)

社会教育家、牧師、防災士、CSP認定トレーナー。
2000年より牧師として子育て支援や自立支援の活動に取り組む。2013年に自ら設立したNPO法人では、品質・安全性に問題がない廃棄食品の提供を受けて福祉施設や生活困窮者に無償提供する活動を展開中。長年の困窮者支援経験から、要支援者の多くが精神的ハンディを抱えていることに着目。困窮者支援の立場からの医療サポートも不可欠と考え、それを実現するためにとむ・そーやの活動へ参加している。北九州希望の光キリスト教会牧師、NPO法人フードバンク北九州ライフアゲイン理事長、北九州市里親会推進役員。妻と娘2人の4人家族。

お気軽にお問い合わせください

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © とむ・そーや All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.